ペット火葬【ペット火葬横浜・ペット火葬神奈川】ペット葬儀に関するお役立ち情報

ペット火葬【ペット火葬横浜・ペット火葬神奈川】ペット葬儀に関するお役立ち情報
ペット火葬でのペット火葬横浜とペット火葬神奈川を中心にペット葬儀に関するお役立ちのマナーや金額などをご紹介して行きます。

■スポサード・リンク■


■スポサード・リンク■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ペット火葬情報・葬儀
↓↓↓↓↓↓↓↓
ペット火葬・葬儀ランキングへ
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

ペット火葬とは:ペット火葬で使われる骨壷であるが、本来は...

ペット火葬で使われる骨壷であるが、本来は火葬料金にそのまま含まれていることが多く、別途料金が発生することはない。
しかしかわいいペットの最後として、ふさわしい寝床を与えたいとの思いから、高価な骨壷を注文する人が多いようだ。
例えば、すごいところでいうと九谷焼の骨壷などがあるようだ。
いくらかわいいペットといえども、少々やりすぎの感は否めない。
ペット火葬のひとつの形としてペット火葬車というものがある。
ペット火葬車とは多くのペット火葬業者が導入しているが、365日、24時間対応をうたっているものが多い。
大切なペットと過ごした思い出の詰まっている自宅で、家族だけで弔えるということで大変需要が高まっている。
ペットブームの影で捨てられて、廃棄されてしまうペットがいる中、一般人が見るとやりすぎなのではないかと思うくらい、ペットに愛情を注ぐ人もいる。
人間の子供もそうだが、ペットも飼い主は選べない。
全ての人が、責任をもってペットを最後まで面倒を見ることが大切である。



その他の関連情報を見る?⇒        

スポンサーサイト


ペット火葬情報・葬儀
↓↓↓↓↓↓↓↓
ペット火葬・葬儀ランキングへ
この記事のURL ペット(犬・猫)火葬 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

ペット火葬とは:ペット火葬②-自宅葬自宅に火葬車で出張し...

ペット火葬②-自宅葬自宅に火葬車で出張してもらい火葬その他葬儀を行う場合。
(自宅葬をやっていない業者もあるので電話等で確認が必要)
ペットを大切にする人がいるなか、残念ながらそうではない人も大勢いる。
ペットの死因の一番は、殺処分であることを知っている人はいるのであろうか。
ペットブームの裏側では、人間の都合で捨てられ、保健所で殺処分されるペットもたくさんいることはおぼえておいて欲しいと思う。
ペット火葬③-個別葬火葬場にペットを持ち込んで個別に火葬してもらう場合。
この場合は収骨することができ、自宅に持ち帰ったりその場で納骨することもできる。
火葬料金は合同葬と同様にペットの大きさにより変わってくるが合同葬に比べると割高になる。
保健所などで殺処分されてしまうペットのうち、元は飼われていたペットは全体の8割もいるということである。
これをどのようにとられればいいのであろうか。
以前は飼われていたペットたちは、さまざまな人間たちの勝手な理由により飼えなくなり、捨てられてしまっただろうか。
ペットブームの影で、このようなことが毎日繰り返されている現状を私たちは知るべきなのではないかと思う。



その他の関連情報を見る?⇒        



ペット火葬情報・葬儀
↓↓↓↓↓↓↓↓
ペット火葬・葬儀ランキングへ
この記事のURL ペット(犬・猫)火葬 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

ペット火葬を考える:保健所などで殺処分されてしまうペットのう...

保健所などで殺処分されてしまうペットのうち、元は飼われていたペットは全体の8割もいるということである。
これをどのようにとられればいいのであろうか。
以前は飼われていたペットたちは、さまざまな人間たちの勝手な理由により飼えなくなり、捨てられてしまっただろうか。
ペットブームの影で、このようなことが毎日繰り返されている現状を私たちは知るべきなのではないかと思う。
ペット火葬のひとつの形としてペット火葬車というものがある。
ペット火葬車とは多くのペット火葬業者が導入しているが、365日、24時間対応をうたっているものが多い。
大切なペットと過ごした思い出の詰まっている自宅で、家族だけで弔えるということで大変需要が高まっている。
ペット火葬などを含めて、自分のペットにお金をかけて、愛情をかけて、一生大事に面倒を見る人は本当にたくさんいる。
ただ保健所などで保護されたペットは、ほぼ例外なく殺処分されてしまう。
しかも殺処分する際は、さまざまな理由があるらしいが、ペットたちは苦しみながら死んでいく。
もっと真剣にペットと向き合うべきだ。



その他の関連情報を見る?⇒      



ペット火葬情報・葬儀
↓↓↓↓↓↓↓↓
ペット火葬・葬儀ランキングへ
この記事のURL ペット(犬・猫)火葬 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

ペット火葬とは:ペット火葬で、他に特別な試みをおこなって...

ペット火葬で、他に特別な試みをおこなっているところでいえば、海洋散骨などをおこなっているところもある。
海の生物を散骨するのなら分かるのだが、犬や猫などのペットを海洋散骨する理由が、少々分からない。
ペット火葬車にはいくつか種類がある。
ペット火葬車、バンタイプでは小動物の火葬は勿論、中型犬から35キロまでの大型犬の火葬に対応し、ペットの出張火葬を行っている。
車両は宅配業者と同サイズであり狭い道路でも出張することが可能だ。
ペット火葬の話題を取り上げてきたが、ペットには保険制度もあるようだ。
ペット保険業界が最近賑わいを見せているようだ。
近年、わが国でも家族の一員またはパートナーとしてペットを飼う人が増えている。
人間の場合は健康保険制度の下、病気の際に支払う医療費は何割かの自己負担ですむが、ペットの場合は自由診療で、全額負担のため医療費を高いと感じる人が多く、ペットを飼い続ける上でネックの一つになっている。



その他の関連情報を見る?⇒          



ペット火葬情報・葬儀
↓↓↓↓↓↓↓↓
ペット火葬・葬儀ランキングへ
この記事のURL ペット(犬・猫)火葬 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

ペット火葬とは:ペット火葬車は希望により、周囲の環境に十...

ペット火葬車は希望により、周囲の環境に十分配慮した場所へ移動し、個別でペット火葬をすることも出来る。
また依頼主の指定する場所で火葬が可能であり、例えば自宅の駐車場や、いつもペットと歩いていた散歩コース、ペットとの思い出が詰まった場所など、様々な要望に応えてくれる。
しかしペットを取り巻く環境は厳しい。
それを全てペットを飼っている人間の無責任さに他ならない。
飼い続けることができなくなると、すぐに捨ててしまう。
飼ってはみたものの、散歩が面倒だったり、しつけが出来なかったりで、ペットをほったらかしにしてしまい病気に感染させてしまうケースなども多くあるようだ。
ペット火葬のサービスは、ペットブームとともに年々増大しているが、それと比例してペット火葬場に関しての近隣住民からの苦情も増えてきているようだ。
急速にペット火葬業者が増えてきたための弊害として紹介していきたいと思う。
ペット火葬業者のサービスは、多少行きすぎの感も否めない。
ただやはりかわいいペットの最後を盛大に祝いたい気持ちは分かる。
ペットの世界でも生活習慣病が起こっているということを聞いたことがある。
これも甘やかしすぎる、人間の身勝手さからくるものである。
これからペットを飼う時には、あくまでペット本位で行動することを大事にしてほしいと切に願う。
ペット火葬にともなう、ペット火葬場やペット霊園などの施設建設は、特に法律による規制がなかったため、近隣住民などとの間にトラブルなどが起こっていた。
ただ最近では区市町村単位で条例として、ある一定の規制を設けることで問題を解決する動きが出てきている。



その他の関連情報を見る?⇒          



ペット火葬情報・葬儀
↓↓↓↓↓↓↓↓
ペット火葬・葬儀ランキングへ
この記事のURL ペット(犬・猫)火葬 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

ペット火葬車にはいくつか種類がある。ペッ...

ペット火葬車にはいくつか種類がある。
ペット火葬車、軽自動車タイプでは小動物から15キロまでの中型犬を中心に、ペットの火葬を行っている。
住宅街などの狭い道路、限られた駐車スペースなどの場所でペット火葬を行う場合に対応している。
ペット火葬で使われる骨壷であるが、本来は火葬料金にそのまま含まれていることが多く、別途料金が発生することはない。
しかしかわいいペットの最後として、ふさわしい寝床を与えたいとの思いから、高価な骨壷を注文する人が多いようだ。
例えば、すごいところでいうと九谷焼の骨壷などがあるようだ。
いくらかわいいペットといえども、少々やりすぎの感は否めない。
※ペット火葬の種別:ハムスター・鳥・リス・フェレット・モルモット・プレーリードック・カメ・イグアナ・チワワ・ポメラニアン・猫・ウサギ・マルチーズ・ミニチュアダックス・ミニチュアシュナウザー・柴犬 ペット火葬車は自宅で火葬をするため、ダイオキシンなどの有害物質などはきちんと対応できる体制が整えられている。
そのため近所に気兼ねなく、安心して利用することが出来る。
料金は火葬するペットの大きさによって細かく設定されているところが多い。
また出張範囲も広範囲にわたり、業者によっては無料出張区域も設けられているケースもあるので、一度近くのペット火葬業者を調べてみることをオススメする。
ペット火葬で、他に特別な試みをおこなっているところでいえば、海洋散骨などをおこなっているところもある。
海の生物を散骨するのなら分かるのだが、犬や猫などのペットを海洋散骨する理由が、少々分からない。



その他の関連情報を見る?⇒          



ペット火葬情報・葬儀
↓↓↓↓↓↓↓↓
ペット火葬・葬儀ランキングへ
この記事のURL ペット(犬・猫)火葬 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

ペット火葬を考える:ペット火葬車にはいくつか種類がある。ペッ...

ペット火葬車にはいくつか種類がある。
ペット火葬車、バンタイプでは小動物の火葬は勿論、中型犬から35キロまでの大型犬の火葬に対応し、ペットの出張火葬を行っている。
車両は宅配業者と同サイズであり狭い道路でも出張することが可能だ。
ペット火葬の話題を取り上げてきたが、ペットには保険制度もあるようだ。
ペット保険業界が最近賑わいを見せているようだ。
近年、わが国でも家族の一員またはパートナーとしてペットを飼う人が増えている。
人間の場合は健康保険制度の下、病気の際に支払う医療費は何割かの自己負担ですむが、ペットの場合は自由診療で、全額負担のため医療費を高いと感じる人が多く、ペットを飼い続ける上でネックの一つになっている。
ペット火葬車は自宅で火葬をするため、ダイオキシンなどの有害物質などはきちんと対応できる体制が整えられている。
そのため近所に気兼ねなく、安心して利用することが出来る。
料金は火葬するペットの大きさによって細かく設定されているところが多い。
また出張範囲も広範囲にわたり、業者によっては無料出張区域も設けられているケースもあるので、一度近くのペット火葬業者を調べてみることをオススメする。
ペット保険の現状としては、現在はインターネットなどの関連サイトをみると20社以上が事業を行っていると見られる。
いずれも事業を始めたのは長くて数年前からで、なかには事業活動を行っているかどうかわからないものも見られた。
日本ではまだそれほど普及はしていないようである。
ちなみに海外では、イギリスなど20数年の歴史を持ち「保険」として運営されている国も多い。

ペット火葬車は文字通り火葬を車内でおこなう。
そのためダイオキシンの発生などのさまざまな懸念がある。
特に自宅でするため、近所に匂いが伝わってしまうという心配や火葬をする場所を確保出来ないなどの心配が生じてくる。



その他の関連情報を見る?⇒          



ペット火葬情報・葬儀
↓↓↓↓↓↓↓↓
ペット火葬・葬儀ランキングへ
この記事のURL ペット(犬・猫)火葬 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

ペット火葬情報:ペット火葬業者の拡大は、今の日本の現状か...

ペット火葬業者の拡大は、今の日本の現状から考えれば、当然のことだったのかもしれない。
特に高齢化社会を迎えるにあたって、子供が独立して、手を離れた夫婦がペットを飼いはじめるケースなどが最近目に付くようになった。
また海外から非常に小さく、かわいい小型犬が出回るようになると、瞬く間に若い世代から中高年までさまざまな年代の人達がペットを飼うようになっていった。
ペット火葬車は他にも365日24時間対応しており、早朝だろうが、深夜だろうがペットの火葬をすることが出来る。
また死んだペットとゆっくりと過ごしたい場合は、安置方法についてもアドバイスをしてくれるところもある。
最愛のペットの最期を見送るのは最適な方法かもしれない。
捨てられたペットは、保健所で保護された後、ほとんどのケースで殺されてしまうのである。
この現実を知る人はあまりいないのではないだろうか。
保健所で保護される犬のほとんどは飼われていた犬たちである。
人間の身勝手さが、このような悲劇を生んでいることを忘れてほしくない。
ペット人口の増加とともに、全国各地でペットの火葬などを行う霊園施設も増加している。
だが火葬場設置による煙や悪臭、または火葬場周辺への死体放置など、近隣住民からの苦情も多くなってきている。
人間の火葬場設置の際には、墓地法で都道府県知事の許可が必要だが、ペットの火葬場を規制する法令はない。
そのため、火葬場が設置される場合、公衆衛生や生活環境面で周辺住民に大きな不安を与えることが問題となっている。



その他の関連情報を見る?⇒          



ペット火葬情報・葬儀
↓↓↓↓↓↓↓↓
ペット火葬・葬儀ランキングへ
この記事のURL ペット(犬・猫)火葬 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

ペット火葬について:しかしペットを取り巻く環境は厳しい。それ...

しかしペットを取り巻く環境は厳しい。
それを全てペットを飼っている人間の無責任さに他ならない。
飼い続けることができなくなると、すぐに捨ててしまう。
飼ってはみたものの、散歩が面倒だったり、しつけが出来なかったりで、ペットをほったらかしにしてしまい病気に感染させてしまうケースなども多くあるようだ。
ペット火葬のサービスは、ペットブームとともに年々増大しているが、それと比例してペット火葬場に関しての近隣住民からの苦情も増えてきているようだ。
急速にペット火葬業者が増えてきたための弊害として紹介していきたいと思う。
ペット火葬業者のサービスは、多少行きすぎの感も否めない。
ただやはりかわいいペットの最後を盛大に祝いたい気持ちは分かる。
ペットの世界でも生活習慣病が起こっているということを聞いたことがある。
これも甘やかしすぎる、人間の身勝手さからくるものである。
これからペットを飼う時には、あくまでペット本位で行動することを大事にしてほしいと切に願う。
ペット火葬にともなう、ペット火葬場やペット霊園などの施設建設は、特に法律による規制がなかったため、近隣住民などとの間にトラブルなどが起こっていた。
ただ最近では区市町村単位で条例として、ある一定の規制を設けることで問題を解決する動きが出てきている。



その他の関連情報を見る?⇒          



ペット火葬情報・葬儀
↓↓↓↓↓↓↓↓
ペット火葬・葬儀ランキングへ
この記事のURL ペット(犬・猫)火葬 コメント : - トラックバック : -

■スポサード・リンク■

ペット火葬について:ペット火葬車は文字通り火葬を車内でおこな...

ペット火葬車は文字通り火葬を車内でおこなう。
そのためダイオキシンの発生などのさまざまな懸念がある。
特に自宅でするため、近所に匂いが伝わってしまうという心配や火葬をする場所を確保出来ないなどの心配が生じてくる。
ペット保険の現状としては、現在はインターネットなどの関連サイトをみると20社以上が事業を行っていると見られる。
いずれも事業を始めたのは長くて数年前からで、なかには事業活動を行っているかどうかわからないものも見られた。
日本ではまだそれほど普及はしていないようである。
ちなみに海外では、イギリスなど20数年の歴史を持ち「保険」として運営されている国も多い。

ペット火葬車は、無煙無臭でダイオキシンを発生させないペット火葬炉を使用しているため、匂いやダイオキシン発生などで周囲の方に迷惑をかけることはない。
また近所の方に配慮し、会社名など看板等は一切入れていないため住宅街でも目立つことはない。
やはりイメージ的に近所で火葬していることが分かると良くないという配慮があるのだろう。
ペット火葬業者の拡大は、今の日本の現状から考えれば、当然のことだったのかもしれない。
特に高齢化社会を迎えるにあたって、子供が独立して、手を離れた夫婦がペットを飼いはじめるケースなどが最近目に付くようになった。
また海外から非常に小さく、かわいい小型犬が出回るようになると、瞬く間に若い世代から中高年までさまざまな年代の人達がペットを飼うようになっていった。
ペット火葬車は他にも365日24時間対応しており、早朝だろうが、深夜だろうがペットの火葬をすることが出来る。
また死んだペットとゆっくりと過ごしたい場合は、安置方法についてもアドバイスをしてくれるところもある。
最愛のペットの最期を見送るのは最適な方法かもしれない。



その他の関連情報を見る?⇒          



ペット火葬情報・葬儀
↓↓↓↓↓↓↓↓
ペット火葬・葬儀ランキングへ
この記事のURL ペット(犬・猫)火葬 コメント : - トラックバック : -
プロフィール

わんにゃん好きママ

Author:わんにゃん好きママ
ペット火葬やペット葬儀など大切なペットが亡くなってしまった葬式関連の情報をご紹介します。

月別アーカイブ
最近の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。